Question
23 mai 2020

  • Chinois simplifié (Chine)
  • Japonais
Question à propos de Japonais

何か間違いがありますか?添削をお願いします!
「ごんぎつね」を読んで
 「兵十は、火縄銃をばたりと取り落としました。青い煙が、まだ筒口から細く出ていました。」ごんは死んで、すぐに消えてしまう青い煙だけが残りました。たった一言ではあったが、兵十の驚きを実感しました。この物語の終わりの文章を読んで、私の
心は小さな衝撃を与えました。
 先週、授業で先生が「ごんぎつね」という物語を紹介してくれました。私がこの物語を読むのはこれが初めてです。読んでちょっと悲しくなりましたが、とても素晴らしい物語だと思います。特にかわいそうなぎつねは、私に深い印象を与えてくれました。
 両親のいないごんは村へ出てきては悪戯ばかりして村人を困らせていました。ある日ごんは兵十が捕った魚やウナギを逃がすという悪戯をしてしまいました。そのあと、ごんはあのとき逃がしたウナギは兵十が病気の母親のために用意していたものだと悟り、とても後悔しました。母を失った兵十に同情したごんは、毎日栗や松茸を届けて、自分の力で償いをはじめました。しかし、そうとは知らない兵十は、銃でごんを撃ち殺してしました。銃を撃った後、兵十はごんがずっと物を届けてくれたのだと気づきましたが、すべてが遅かったのです。
 これはとても悲しい物語だと思います。私にとってこの物語は「共感」を得ました。物語の前の部分に描かれている景色や出来事などは、とても詳しいですから、兵十はいい人で、ごんもいいぎつねと私たちはよく知ってします。しかし、誤解のために、兵十はごんを撃ち殺してしました。ごんの命がなくなり、兵十もきっと後悔だと思います。最後の部分は私の一番印象に残っている部分です。とても簡潔ですが、読者の自由な感想空間を残してくれるからです。兵十が最後にごんに謝ったとき、ごんにはまだ意識があったのだろう。兵十の声を聞くと、ごんは安心して天国に升ることができて、もう兵十の母親のことを後悔することはないだろう。
 魯迅は,悲劇は価値のあるものを破壊して人間に見せることだと言いました。新美南吉のこの物語もまさにこのようにして多くの人に深い印象を与えたと思います。子狐の優しさが死につながったという悲しい物語を読んで、いつまでたっても思い出すのはちょっと胸が痛いと思います。

Réponses
Lire plus de commentaires

  • Russe

  • Japonais

  • Chinois simplifié (Chine)
[News] Hey you! The one learning a language!

Share this question
何か間違いがありますか?添削をお願いします!
「ごんぎつね」を読んで
 「兵十は、火縄銃をばたりと取り落としました。青い煙が、まだ筒口から細く出ていました。」ごんは死んで、すぐに消えてしまう青い煙だけが残りました。たった一言ではあったが、兵十の驚きを実感しました。この物語の終わりの文章を読んで、私の
心は小さな衝撃を与えました。
 先週、授業で先生が「ごんぎつね」という物語を紹介してくれました。私がこの物語を読むのはこれが初めてです。読んでちょっと悲しくなりましたが、とても素晴らしい物語だと思います。特にかわいそうなぎつねは、私に深い印象を与えてくれました。
 両親のいないごんは村へ出てきては悪戯ばかりして村人を困らせていました。ある日ごんは兵十が捕った魚やウナギを逃がすという悪戯をしてしまいました。そのあと、ごんはあのとき逃がしたウナギは兵十が病気の母親のために用意していたものだと悟り、とても後悔しました。母を失った兵十に同情したごんは、毎日栗や松茸を届けて、自分の力で償いをはじめました。しかし、そうとは知らない兵十は、銃でごんを撃ち殺してしました。銃を撃った後、兵十はごんがずっと物を届けてくれたのだと気づきましたが、すべてが遅かったのです。
 これはとても悲しい物語だと思います。私にとってこの物語は「共感」を得ました。物語の前の部分に描かれている景色や出来事などは、とても詳しいですから、兵十はいい人で、ごんもいいぎつねと私たちはよく知ってします。しかし、誤解のために、兵十はごんを撃ち殺してしました。ごんの命がなくなり、兵十もきっと後悔だと思います。最後の部分は私の一番印象に残っている部分です。とても簡潔ですが、読者の自由な感想空間を残してくれるからです。兵十が最後にごんに謝ったとき、ごんにはまだ意識があったのだろう。兵十の声を聞くと、ごんは安心して天国に升ることができて、もう兵十の母親のことを後悔することはないだろう。
 魯迅は,悲劇は価値のあるものを破壊して人間に見せることだと言いました。新美南吉のこの物語もまさにこのようにして多くの人に深い印象を与えたと思います。子狐の優しさが死につながったという悲しい物語を読んで、いつまでたっても思い出すのはちょっと胸が痛いと思います。
Questions similaires
Questions Recommandées
Topic Questions
Nouvelles Questions
Previous question/ Next question