Question
21 mar. 2021

  • Turc
  • Anglais (USA) Courant
  • Japonais
  • Allemand
  • Chinois simplifié (Chine)
Question fermée
Question à propos de Japonais

昔々、あるところに名前のない怪物がいました。怪物は,名前が欲しくて欲しくて仕方ありませんでした。そこで,怪物は旅に出て名前を探すことにしました。でも世界は広いので、怪物は二つに分かれて旅に出ました。一匹は東へ、もう一匹は西へ。東へ行った怪物は村を見つけました。村の入り口には鍛冶屋がいました。
「鍛冶屋のおじさん、僕にあなたの名前をください。」「名前何てあげられるものか。」
「名前をくれたら、お礼におじさんの中に入って、力を強くしてあげるよ。」
「本当か。力が強くなるなら名前をあげよう。」
怪物は鍛冶屋の中に入っていきました。怪物は鍛冶屋のオットーになりました。鍛冶屋のオットーは村一番の力持ち。でもある日。。。
「僕を見て!僕を見て!僕の中の怪物がこんなに大きくなったよ!」
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
お腹の空いた怪物はオットーを中から食べてしまいました。怪物はまた名前のない怪物に逆戻り。靴屋のハンスの中に入っても
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
また、名前のない怪物に逆戻り。狩人のトマスの中に入っても
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
やっぱり名前のない怪物に逆戻り。怪物はお城の中に素敵な名前を探しに行きました。お城の中には病気の男の子がいました。
「君の名前を僕にくれたら、強くしてあげるよ。」
「病気が治って強くなるなら名前をあげる。」
怪物は男の子の中に入っていきました。男の子はとても元気になりました。王様は大喜び、「王子が元気になった!王子が元気になった!」。怪物は男の子の名前が気に入りました。お城の暮らしも気に入りました。だから、お腹が空いても我慢しました。毎日毎日、お腹がペコペコでも我慢しました。でも、あまりお腹が空いてしまったので「僕を見て!僕を見て!僕の中の怪物がこんなに大きくなったよ!」男の子は王様も家来もみんな食べてしまいました。
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
誰もいなくなってしまったので男の子は旅に出ました。何日も何日も歩き続けて、ある日男の子は西へ行った怪物に出会いました。「名前がついたよ。素敵な名前なんだ。」。西へ行った怪物は言いました、「名前なんていらないわ、名前なんてなくても幸せよ。私たちは名前のない怪物ですもの。」男の子は西へ行った怪物を食べてしまいました。せっかく名前は着いたのに名前を呼んでくれる人はなくなりました。ヨハン、素敵な名前なのに。

Réponses
Share this question
Lire plus de commentaires

  • Turc
  • Anglais (USA) Courant

  • Japonais

  • Turc
  • Anglais (USA) Courant
[News] Hey you! The one learning a language!

Share this question
昔々、あるところに名前のない怪物がいました。怪物は,名前が欲しくて欲しくて仕方ありませんでした。そこで,怪物は旅に出て名前を探すことにしました。でも世界は広いので、怪物は二つに分かれて旅に出ました。一匹は東へ、もう一匹は西へ。東へ行った怪物は村を見つけました。村の入り口には鍛冶屋がいました。
「鍛冶屋のおじさん、僕にあなたの名前をください。」「名前何てあげられるものか。」
「名前をくれたら、お礼におじさんの中に入って、力を強くしてあげるよ。」
「本当か。力が強くなるなら名前をあげよう。」
怪物は鍛冶屋の中に入っていきました。怪物は鍛冶屋のオットーになりました。鍛冶屋のオットーは村一番の力持ち。でもある日。。。
「僕を見て!僕を見て!僕の中の怪物がこんなに大きくなったよ!」
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
お腹の空いた怪物はオットーを中から食べてしまいました。怪物はまた名前のない怪物に逆戻り。靴屋のハンスの中に入っても
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
また、名前のない怪物に逆戻り。狩人のトマスの中に入っても
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
やっぱり名前のない怪物に逆戻り。怪物はお城の中に素敵な名前を探しに行きました。お城の中には病気の男の子がいました。
「君の名前を僕にくれたら、強くしてあげるよ。」
「病気が治って強くなるなら名前をあげる。」
怪物は男の子の中に入っていきました。男の子はとても元気になりました。王様は大喜び、「王子が元気になった!王子が元気になった!」。怪物は男の子の名前が気に入りました。お城の暮らしも気に入りました。だから、お腹が空いても我慢しました。毎日毎日、お腹がペコペコでも我慢しました。でも、あまりお腹が空いてしまったので「僕を見て!僕を見て!僕の中の怪物がこんなに大きくなったよ!」男の子は王様も家来もみんな食べてしまいました。
バリバリグシャグシャバキバキ ゴクン。
誰もいなくなってしまったので男の子は旅に出ました。何日も何日も歩き続けて、ある日男の子は西へ行った怪物に出会いました。「名前がついたよ。素敵な名前なんだ。」。西へ行った怪物は言いました、「名前なんていらないわ、名前なんてなくても幸せよ。私たちは名前のない怪物ですもの。」男の子は西へ行った怪物を食べてしまいました。せっかく名前は着いたのに名前を呼んでくれる人はなくなりました。ヨハン、素敵な名前なのに。
Questions similaires
Questions similaires
Nouvelles Questions
Topic Questions
Questions Recommandées
Previous question/ Next question