Question
6 août

  • Français (France)
  • Japonais
  • Chinois simplifié (Chine)
Question à propos de Japonais

『名前を書き忘れたというだけで、0点にされた。』と『「ありまくり」は、「たくさんある」というだけには留まらず、「ありすぎる」の意味に使われています。つまり、「過度に沢山ある」、ということです。』では、『というだけには留まらず』と『というだけで』の『という』の意味は何でしょうか?全く分かりません。

もし、その『という』の意味は『社長という地位』と『読むという行為』の『という』と同じ意味なら、それは大問題です。普通は、その『いう』は、『(節)という(名詞)』、『(節)といった(名詞)』の形で上の節を「と」で指示し、下の名詞を同格の、または内容を説明する関係で修飾しますので、私が挙げた二つの例文には全く合っていません。

なぜなら、ここの『というだけには留まらず』と『というだけで』には、ご覧の通り、『という』の下の名詞がここでは全くないからですよね。ですので、私が挙げた例文の『というだけ』の『いう』の意味は深く理解したいと思います。

また、『まじめなだけが取り柄。』でも、同じことが起こります。『まじめな』と『だけ』の間には何の名詞もなくても文は成り立てるようです。この文章は本当に自然ですか?

Réponses
Lire plus de commentaires

  • Japonais

  • Français (France)

  • Japonais

  • Français (France)
[News] Hey you! The one learning a language!

Share this question
『名前を書き忘れたというだけで、0点にされた。』と『「ありまくり」は、「たくさんある」というだけには留まらず、「ありすぎる」の意味に使われています。つまり、「過度に沢山ある」、ということです。』では、『というだけには留まらず』と『というだけで』の『という』の意味は何でしょうか?全く分かりません。

もし、その『という』の意味は『社長という地位』と『読むという行為』の『という』と同じ意味なら、それは大問題です。普通は、その『いう』は、『(節)という(名詞)』、『(節)といった(名詞)』の形で上の節を「と」で指示し、下の名詞を同格の、または内容を説明する関係で修飾しますので、私が挙げた二つの例文には全く合っていません。

なぜなら、ここの『というだけには留まらず』と『というだけで』には、ご覧の通り、『という』の下の名詞がここでは全くないからですよね。ですので、私が挙げた例文の『というだけ』の『いう』の意味は深く理解したいと思います。

また、『まじめなだけが取り柄。』でも、同じことが起こります。『まじめな』と『だけ』の間には何の名詞もなくても文は成り立てるようです。この文章は本当に自然ですか?
Questions similaires
Nouvelles Questions
Topic Questions
Questions Recommandées
Previous question/ Next question